私という運命について 白石一文