こんにちは!
去年の夏から塊根植物にハマった店長の吉田です。
実は前回のパキプス実生の後に果肉をとったほうがいいという記事を見つけて、種子の殻を果肉と勘違いして削って中身を出してしまいました笑
一つ目は中身が詰まっていなかったので、もう一粒いっちゃいました。
ハサミでサクッといっちゃいました。
パキプス 種子 パキプス 種子白っぽいのが胚乳ですかね?胚は分かりませんでした。
勿体無いので、少し齧ってみるとナッツの味がしました笑

seedstockさんで購入したパキプスの種子が5粒残っていたので播種しました。
一緒に買ったパキプスの種子の発芽率は2/10粒でした。
そのうち一粒が生き残りました。今回は何粒発芽するのか?

前回の記事はこちらから

オペルクリカリアパキプスの実生に挑戦しました!①~NHK趣味の園芸

パキプスの種

播種の準備

今回はパキプスのような硬い種(硬実種子)は表面をヤスリで削った方が発芽率が良くなると聞いたのでヤスリで削ってから播くことにしました。硬実種子はそのまま播くと殻が硬いので水が通りにくく発芽しにくいそうです。
工具箱に入っていた紙やすりを使って種を削りました。
削りにくくなかなか面倒くさい作業です。種よりも爪のほうが削れます笑
削りすぎないように確認しながら少しずつ削っていきます。
鉄の棒のヤスリを使った方がいいみたいです。

パキプスの種

削った種をベンレートにつけた後土に播きます。
沈む種と浮く種の違いはあるんですかね?
分けてまいてみるのもありですね。

パキプス ベンレート
容器はホームセンターで購入したカップを使ってみました。

播種用容器

カップの底の方に使い道がなくなった既製品の培養土を入れた上に自分で赤玉土、鹿沼土、パーライトを混ぜた土を入れて表面にバーミキュライトを敷きました。

前にグラキリスの種を播くときに購入したのですが、既製品の培養土は粒の大きさもバラバラで、枝なんかも入っていたりするので種まきには全然向いていませんでした。その上にバーミキュライトを敷いても作業しにくかったです。そのまま捨てるのも勿体無いので嵩増しに使用しましたが、苔が出てきたりするので使用しない方が良さそうです。

播種 2022/2/19

種を播きました。土の表面に少し埋めるくらいで土は被せませんでした。土の温度を30度くらいにするために温度を上げるためにヒーターの上に置き軽く蓋を被せました。

パキプス実生

位置の調整が難しく50度になっていました笑
前回も一時このくらいの温度になっていましたが、無事発芽しました。むしろ少しの時間このくらいの温度にした方が発芽するのでは?と考えています。

5日後 2022/2/24

1粒発芽しました。
前回はここから上手く殻が取れず枯れてしまいました。

パキプス 種子

8日後 2022/2/27

パキプス 種子

その後もヒーターの上で温めていましたが結局発芽したのは1粒だけでした。
今回の発芽率は1/5
seedstockさんで購入した種子15粒のうち発芽したのは3粒でした。

2ヶ月後 植え替え 2022/4/17

種の殻がなかなか取れず子葉が1つ上手く育たなかったのですが、無事育ってくれました。
パキプス 種子トレーの底から根が見えて狭そうだったので植え替えることにしました。このトレーだとすぐに植え替えないといけなくなるのであまり良くなかったかも。透明なので苔(藻?)も生えやすいのかもしれません。
根はこんな感じでした。
鉢はプレステラ90を使用しました。
プレステラは現在生産していないみたいで全然売ってませんね。
そこに軽石を入れて赤玉土と鹿沼土とパーライトとマグァンプKを混ぜた土を使用しました。
右が今回播種したパキプスです。
水切れが怖いので腰水はしばらく続けようと思います。
左の2株はほぼ同時期に播種したオペルクリカリア・デカリーです。デカリーの方が成長が早いですね。
パキプス 実生

色々調べているとパキプスの播種の正解が分かったかもしれないので、また種が欲しくなりました。seedstockさんからメルマガでパキプスの入荷情報が入っていたのですが既に売り切れ。
結局ケーレスで100粒購入しました笑

塊根植物のオススメの書籍はコチラです

お店常時在庫あります。e-honからも購入できます!

NHK趣味の園芸 12か月栽培ナビNEO コーデックス

趣味の園芸コーデックス沢山の種類のコーデックスが紹介されており、自分の好みの植物を見つけるのにはネットより書籍の方が個人的にはおすすめです。また季節ごとの育て方のコツがわかりやすく解説してあります。

書籍の紹介文
究極のコーデックス本、誕生!多肉植物愛好家必携の1冊。
多肉植物のなかで今もっとも注目度の高い『コーデックス』、『ハオルチア』に関する栽培本が2冊同時発売!
著者は業界をリードする長田研さん(コーデックス)と靍岡秀明さん(ハオルチア)。美しい写真で構成された品種図鑑(100種類ほど)と、毎月(1~12月)の詳しい栽培方法、自生地の情報、栽培Q&Aなど、ネットでは入手しにくい情報が満載。1年の植物の育て方・作業がひと目でわかる新シリーズ「12か月栽培ナビNEO」登場!